ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

記事:ブライトパスに朗報?:ベンチャー特許「スーパー早期」の要件緩和へ

スポンサーリンク

本日、 「特許庁は、ベンチャー(新興企業)が発明などに対する特許を短期間で取得しやすくする方針を固めた」とのニュースが流れています。

 もともと、通常1年以上かかる審査を2~3か月に短くできる「スーパー早期審査制度」はありましたが、スーパー早期審査を利用するには、〈1〉対象となる発明の特許を海外でも出願済み〈2〉発明を事業で利用済み――といった要件を満たす必要がありました。そのため、この制度を利用する企業の大半は豊富な資金や海外拠点を持つ大企業で、2016年度のベンチャーの申請実績は、わずか10件程度にとどまっていました。

今回、スーパー早期審査制度の要件が緩和されるとのことですが、具体的には、「外国出願をしていなくても、発明の実施、または、2年以内の実施予定であれば、スーパー早期審査を申請することができる」ようになるとのことです。

また、審査請求から審査開始には通常9か月程度かかりますが、1か月以内に審査を受けることができるようになるようです。早ければ今年中にスタートする見通しです。

 

ブライトパスにとって、追い風になることを願います。

 

ニュースリンク先→sakamotopat.com/topics/detail.html?nid=386 (コピペしてお使いください)

 

スポンサーリンク