ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

記事:今年のASCOをNHKが報道

スポンサーリンク

リンク先➡https://ord.yahoo.co.jp/o/realtime/RV=1/RE=1528125885/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly90LmNvL2VUZ3dFbDgyWHg-/RS=%5EADBglBdkUoywvSBaj6qqMPltHr8euk-;_ylt=A2RimWE9CBRbMCoAgzbVbvt7;_ylu=X3oDMTJjbjB0dm1wBHBvcwMzBHNlYwNzcgRzbGsDdHdsdXJsBHR3aWQDMTAwMzI3OTAzMDY2ODMxMjU3NwR0d3VpZAMxMDI0MTQyNzYEdnRpZANqcGMwMDE-

今年のASCOをNHKが報道しました。
報道のポイントは、「免疫療法に関する発表が多かったこと」「免疫療法は高額なコストが課題となっている」などです。

アクセル型で第三相まで完了、しかもコストは安価なITK-1。
欧州では、新薬認可の際、「新薬のコスト」は薬効と並んで重要な要素となっています。
コスト面で秀でているITK-1をこのままお蔵入りさせるのは、このNHKニュースを見て、やはりもったいないように思いますが、世界の潮流はもっと先に向かっています。
ブライトパスのネオアンチゲンなど、ITK-1以降のパイプラインでの再起に期待します。

また、GRN-1201とキートルーダとの治験は、併用療法治験花盛りで競合相手は多いが、今後の成り行きを見守りたいと思います。

スポンサーリンク