ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

記事:ご参考 『走り続ける力』山中伸弥 (毎日新聞出版)の第8章。

スポンサーリンク

二日前にいつもの本屋に立ち寄った時には、新刊コーナーに並べられていなかったので、つい最近の新刊だと思います(調べたら、7月30日発刊でした)。 

山中伸弥先生が、昨年毎日新聞に月一で連載したコラムをまとめて、それに江崎玲於奈先生と囲碁井山裕太氏との二つの対談を追加し、さらに、「iPS細胞研究の歴史や現状・課題」などをまとめた内容の新刊本です。

私が立ち読みしていて、興味を持ったのは第8章の「iPS細胞と再生医療研究の現状」です。これはじっくり読みたいと思い、1300円をパスモで購入しました。

第8章には、iPS細胞の実用化に向けた様々な取り組みが紹介されており、「iPS‐NKT」とは書かれてはいませんでしたが、「iSP細胞から免疫細胞を作り、がん患者に投与してがん細胞を攻撃する研究も進められている」と書かれていました。

今後は、「拠点A」「拠点B」のプロジェクトを中心に、治験開始の吉報が続くものと思われます。

 

読み物としても面白く、山中先生の勤勉さや謙虚さがにじみ出ていて、好感のもてる1冊に仕上がっています。

 

今回の、京大によるパーキンソン病対応のiPS療法治験開始のニュースで、再生医療が再び脚光を浴びていますが、そのタイミングを知っていたかのような新刊の発刊日(裏表紙を見ると7月30日)には、苦笑してしまいます。

 

→「走り続ける」山中伸弥毎日新聞出版

https://amzn.to/2OxDE7l

 

スポンサーリンク