ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

コーヒーブレイク☕「根津美術館」

スポンサーリンク


f:id:SHAWSHANKlife:20190202123542j:plain
記事➡コーヒーブレイクは、ブライトパスには関係のない私の独り言ですので、飛ばしていただいて結構です。

東京はすべてのアミューズメントがギュと凝縮されている希有の都市です。
美味しいレストランが集まっている、毎日どこかでライブやコンサートが行われている、交通の便が良い、、、、など挙げていけばキリがありませんが、大小の素敵な美術館が沢山あることも、東京の魅力のひとつです。
そこで、今回は私のお薦め「根津美術館」をご紹介します。
「根津」ですから東京区の根津に在ると勘違いしている方もいらっしゃいますが、根津美術館は港区の南青山にあります。

「根津」は創設者、実業家根津嘉一郎の名前に由来しています。
昭和16年に開館された歴史ある美術館です。2009年に新創され瀟洒な和風家屋を思わせるような建物に生まれ変わりました。

入口までのアプローチに植えられた竹も、京都の高桐院のアプローチを彷彿させ、これから始まる優雅なひとときへの期待感が高まります。

根津美術館のアプローチ
f:id:SHAWSHANKlife:20190202123808j:plain
私は、この美術館の日本庭園が好きです。年間を通じて美しい趣を見せてくれますが、特に5月には、庭園の一番奥にある池に「燕子花(かきつばた)」が咲き乱れ、我々の目を楽しませてくれます。

庭の燕子花
f:id:SHAWSHANKlife:20190202123856j:plain
さらにこれに合わせるように、本館では尾形光琳の国宝「燕子花図屏風」がこの時期だけ展示されます(下の絵)。
f:id:SHAWSHANKlife:20190202124038j:plain
あまりご存じない来館者は国宝の「燕子花」だけを観て感動して、庭の「燕子花」は観ないで帰ってしまう方もおられるようで、勿体ない限りです(笑)。

庭の入口にカフェ「NEZU CAFE」があって、緑に包まれてのコーヒーブレイクはなかなか贅沢です。

カフェ「NEZU CAFE」
f:id:SHAWSHANKlife:20190202124126j:plain
年間パス(入会金3000円、年会費8000円)もあり、私は庭が好きなのでこのパスを利用して、庭だけ楽しむために訪れることもしばしばです。

展示物の入れ替えが定期的に行われ、休館日が不定期ですので、事前に調べてから行かれることをお勧めします。

 →根津美術館
http://www.nezu-muse.or.jp/sp/

  →「東京の小さな美術館めぐり」
       https://amzn.to/2MA01Lh

スポンサーリンク