ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

記事:久々に国内・米国の「治験情報サイト」を調べてみました。

スポンサーリンク

記事➡久々に国内と米国の「治験情報サイト」をそれぞれ調べてみました。

1.まず国内ですが、ご存じの通り、ITK-1の第三相治験には①膠芽腫対応(久留米大学主導)と②前立腺がん対応(富士フイルム導出、治験実施者ブライトパス)の二種類の治験が実施されました。
①の膠芽腫対応の治験は、一昨年3月末に第三相が完了しその年のASCOで寺崎先生が口演されています(有意差なし)。その後、さらに1年間延長するとのアナウンスがありました。この膠芽腫の治験ですが、今回調べてみると、2019年3月11日更新日「試験の状況」が「実施中」から「試験中止(恒久的)」に変更されています。そして問い合わせ先が「グリーンぺプタイド」から「久留米大学がんワクチンセンター」に変更されています。
②の前立腺対応の治験は、昨年5月17日に有意差なしのIRが出ましたが、今回調べてみると2019年1月17日改定で、「試験の現状」が「実施中」から「試験完了」に更新されていました。こちらの問い合わせ先は「ブライトパス・医薬開発部」となっています。
今年になって、①は「試験中止(恒久的)」、②は「試験完了」に更新されているということです。
①については今後久留米大から大学が実施した過去の他の治験データも含めて何らかの発表がある可能性があります。②についてのデータ発表は、スポンサーである富士フイルムの意向次第だと思います。
以下を開いて中ほどの「臨床試験情報の検索・閲覧」のバナーを開き、「試験の名称」に「ITK-1」と入れて検索してみてください。
https://www.clinicaltrials.jp/
2.米国の治験サイトで、GRN‐1201について検索してみると、以前の状況から更新されておらず
①キートルーダとの第Ⅱ相併用治験は「Recruiting」のまま。
②メラノーマ対応の第Ⅰ相治験は「Completed」のままです。
米国の治験情報サイトはこちらから。開いたら「Other terms 
」に「GRN-1201」と入れて検索して下さい➡
http://clinicaltrials.gov/

実質、本年度も今日が最終日、ブライトパスからは、これと言った情報も出てこないままです。
少なくとも状況説明はしてほしいですね。
「遅れてきたバスの次のバスはすぐに来る」というような諺があったような。

スポンサーリンク