ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

記事:昨日リリースされた第14半期決算報告について。

スポンサーリンク

記事→昨日リリースされた第一四半期の決算報告について、以下ポイントをまとめました。

1、主な経営指標では、

第一四半期(今年4月~6月)の当期純損失は▲417百万円で予想通り。その内の研究開発費は320百万円と書かれています。あとの約1億円は人件費や諸々の経費と思われます。

これで、6月末時点の純資産は、ほぼ予想通りの4668百万円となりました。

四半期で4~5億円使うとすれは、ワラントなしならあと約2年分の資金量です。

2、定性的情報の項目では、

・「GRN-1201については、メラノーマ(悪性黒色腫)を対象とした米国での第一相臨床試験の結果、主要評価項目である安全性・忍容性及び副次評価項目の免疫応答を確認いたしました。」と先日のIRの内容を記載。
・「PD-1の次の世代の免疫チェックポイントを含む免疫調整因子を標的とする抗体医薬の創製も進めております。」と次なる抗体医薬パイプラインリストアップについて言及しています。しかも、「PD-1の次の世代の免疫チェックポイントを含む」とわざわざ?書いているのが気になります。

株価に影響するような特筆すべき事項はなかったように思います。

「第1四半期決算短信」→https://pdf.irpocket.com/C4594/hUeO/edB2/RONF.pdf

スポンサーリンク