ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

記事:速報、本日PR情報もリリースされています。

スポンサーリンク

記事→本日リリースされたIRで紹介されているTLR9アゴニストの関連論文が掲載されました。

まずは、ご報告まで。

http://irpocket.com/4594/document.html?year=2019&id=20191224-212faa44

 

以下はabstract(論文要約)の和訳です。

要約

天然のホスホジエステル骨格を持つタイプA CpGオリゴデオキシヌクレオチドODN)は、Toll様受容体9(TLR9)依存性シグナル伝達を介した形質細胞様樹状細胞(pDC)からの最も高いIFN-αインデューサーの1つです。ただし、in vivoでの急速な分解は、ヌクレアーゼ耐性ホスホロチオエート骨格を持つ他のType-B、-C、および-P CpG ODNと比較して、比較的弱い生物学的効果をもたらすため、Type-A CpGのin vivoアプリケーションは制限されています。この制限を克服するために、タイプA CpG ODN、D35(D35LNP)を含む脂質ナノ粒子製剤を開発しました。マウス腫瘍モデルでテストした場合、腫瘍内および静脈内D35LNP投与は、CD8 T細胞依存的に腫瘍成長を有意に抑制しましたが、元のD35は効力を示しませんでした。腫瘍抑制は、Th1関連遺伝子の誘導と腫瘍内のCD8 T細胞の活性化と関連していた。 D35LNPと抗PD-1抗体の組み合わせにより、治療効果が向上しました。重要なことに、静脈内D35LNPの治療スケジュールと用量は、明らかな肝臓毒性を誘発しませんでした。これらの結果は、D35LNPが癌免疫療法のための安全で効果的な免疫刺激薬製剤であることを示唆しています。

スポンサーリンク