ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

記事:ブライトパス、最近の値動き。

記事→ブライトパスの株価がなかなか上昇気流に転じない要因の1つが、大量の信用買い残高でしたが、3月20日信用買い残高は、2562300株で、13日に続いて信用倍率5.0を下回る低水準を維持しています。

3月20日 2562300株

3月13日 2540900株

3月6日  3019700株

2月28日 3194000株

2月21日 4271100株

2月14日 4356400株

信用倍率が2週連続5.0以下で落ち着いたことで、強烈な売り圧力がかなり緩和され、ポジティブIRが出ればそれなりに上昇する条件に改善されました。

いよいよ年度末に向かいます。抗体医薬のIRが待たれますが、そのリリース時期は「年度末までには」と永井社長は昨年11月の説明会で話していましたが、ここまでステルスモードですので、年度を超えることも覚悟しておくことの方が良さそうです。

とにかく抗体医薬のIRは、中身が肝心です。特許申請やライセンスアウト交渉などでステルスモードでしばらく潜航しているとの説明でしたので、それなりのIRを期待しています。

そして、全く別の新たなパイプラインのIRなど、サプライズ IRも大歓迎です。

 

「ブライトパス信用残高の推移表」→https://m.finance.yahoo.co.jp/stock/historicaldata/margin?code=4594.T

参考→

ブライトパスの直近の説明会は昨年11月18日でした。この説明会での永井社長の抗体医薬についてのコメントは以下の通りでした。→

「抗体医薬シーズについてですが、今期上半期から下半期には 順次開示していきますとお話ししておったのですが、戦略的な意味合いでもうしばらくはステルスモードを続けさせていただきたいと思っておりまして、今年度中には順次リストアップの予定です」

記事:参考情報、コロナショックによる上場の延期。

記事→コロナショックの影響で、上場を延期しているケースが増えています。

ブライトパス永井社長の古巣である抗体医薬品シーズ開発ベンチャーの(株)ペルセウスプロテオミクスも、3月24日のマザーズ上場を予定していましたが、先日延期を発表しました。

日経新聞3月18日「東証での上場延期相次ぐ 年間過去最多に並ぶ」→https://r.nikkei.com/article/DGXLASFL18HTE_Y0A310C2000000?s=0

(株)ペルセウスプロテオミクスからのニュースリリースhttps://www.ppmx.com/news/2020/03/4cb8b2c7875091c048ad4d43a23f86e7cec08a2b.html

記事:ブライトパスの信用買い残高の推移。

記事→ブライトパスの株価がなかなか上昇気流に転じない要因の1つが、大量の信用買い残高でした。

これが重石となり、自然体の株価の伸びが、これまでしばしば妨げられる場面があり、また下げる時は一気にオーバーシュートしてしまうことが多々ありました。

今回のコロナショックによる急激なマーケット全体の下落は、ブライトパスの株価も大きく引き下げましたので、信用買いの多くの投資家は、追証対応のため泣く泣く安値で損切りを迫られました。

その結果、信用買い残高は大きく減少しました。ここ1ヶ月の信用買い残高の推移は以下の通りです。

3月13日 2540900株

3月6日  3019700株

2月28日 3194000株

2月21日 4271100株

2月14日 4356400株

半年遡っても400万株を下回った週はありませんでした。また、目安となる信用倍率も長らく10.0をこえていましたが、劇的に改善して久々に5.0を下回って4.87に落ち着きました。

大量の信用買い残高による強烈な売り圧力は、かなり緩和されたと思われます。

頭の上の曇天の厚雲が少し晴れたのあれば、株価の動きも多少は変わってくる可能性が出てきました。

「ブライトパス信用残高の推移表」→https://m.finance.yahoo.co.jp/stock/historicaldata/margin?code=4594.T

記事:参考情報、「京大にがん免疫総合研、センター長に本庶佑氏」

記事→3月16日、京大・本庶教授は、「がん免疫総合研究センター」を4月に京大で発足させることを明らかにしたとのこと。計画では、数十億円の政府予算で新棟建設し、また5億円をかけ設備を整えると。当初はオプジーボに関係する研究からスタートするようです。

最終的にはつ研究部門を六つ設けて、各部門には10人程度の研究者を配置する構想で、広く研究者を公募予定とのこと。

讀賣新聞記事→https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00050168-yom-hlth

 

 

 

記事:ブライトパスに確認してみました。

記事→本日、ブライトパスに電話にて以下確認しました。

1、広報ブログや「よくある質問への回答」がストップしている。以前確認した際には、「年度内には再開したい」とのことだったが、いかがか?広報ブログや「よくある質問への回答」は、関係各社とは関係なくブライトパスが頑張れば出来る仕事であるので、是非早急に改善してほしい。

→(回答)何とか年度内には対応しようと取り組んでいます。

2、カリフォルニアで開催された学会( 2月19日~2月22日)で、GRN-1201(キイトルーダ併用)治験についての発表があると、ブライトパスのニュースで紹介されたが、その発表内容は続報でリリースする予定はあるのか?

→(回答)なんらかの形でご報告したいと考えています。

3、抗体医薬についてのリリースは、年度内予定で変わりはないか?

→(回答)今のところ、変更はありません。何とかご報告出来るようにしたい。

いずれの質問にも、当然断定的な回答はありませんでしたが、丁寧にご対応いただきました。

ただ、これまでも有言実行とは言い難く、特に広報ブログなどの長期中断は、「やれば出来ることをやっていない」わけで、信頼感を著しく損なうものです。抜本的な改革を求めます。

コロナショックの影響もあり、株価は200円を割り込んでいますが、切り返しのポジティブIRを期待します。

記事:日経朝刊記事「マザーズ指数、下落」を読んで。

記事→日経新聞の今朝の朝刊19面に「マザーズ指数、下落」との見出し記事が掲載されています。

マザーズ指数が6年8ヶ月振りの安値を付けたことで、その背景を分析する記事です。

背景として、個人投資家追証対応の損切り機関投資家の損失確定売りなどを挙げています。マザーズ銘柄を対象とした信用評価損益率がマイナス40%に達しており、追証回避の売りが株安に拍車を掛けていると。また、反発を狙って買いに向かった短期の個人が再び投げに転じてしまった、と分析しています。

その一方で、中長期の運用に取り組む個人は、まだ押し目買いを続けているとも。

ここからは私見ですが、先の見えない現状だからこそ、個人投資家の力量が試されています。

「変化は最大のチャンス」であることも事実。日頃の個別銘柄の研究成果を最大限に活かせる環境が今整いつつあるという見方も出来ます。中長期の投資時期としては最適のタイミングが迫りつつあります。ただ、今回のコロナショックによるマーケットの底、反転時期の見極めは極めて困難ですので、リスクを最小限に、慌てずよく見極めることが肝要です(私見)。

 

 

日経記事→https://r.nikkei.com/article/DGKKZO56670480R10C20A3EN2000?s=


f:id:SHAWSHANKlife:20200312182541j:image

 

記事:久留米大学がんワクチンセンターの閉所。

記事→ブライトパスに社名変更する前のグリーンペプタイドと一心同体の関係にあった「久留米大学がんワクチンセンター」が、今月末で閉所することとなりました。

以下はそのお知らせ文→http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/cvc/

前センター長の伊東恭悟先生が産み出したITK-1は、第三相結果は未達に終わりましたが、第三相まで完結し、あとに続くアクセル型免疫療法治験の道標となりました。伊東先生の粘り強い研究への熱意の尊さは、結果がどうであれ、いささかも変わるものではないと思います。

ブライトパスは、伊東先生の名前を「輝かしい成功の先駆者」とするためにも、このままでは終われません。

訂正:「第17回日本免疫治療学会学術集会でのiPS-NKT細胞療法についての・・・」記事の訂正。

記事→本日アップしましたブログ記事「第17回日本免疫治療学会学術集会でのPS-NKT細胞療法についての発表の概要がアップされています。」

において、

治験開始時期は「今年度中」ではなく、正しくは「今年中」でした。

大変失礼いたしました。

ご指摘いただいた賢者さん、有り難うございました。

 

記事:週刊エコノミスト最新号「がんが治る、見つかる」で、ブライトパスが紹介されています。(その②)

記事→週刊エコノミスト最新号「がんが治る、見つかる」で、もう1ヶ所別のページでも、ブライトパスのGRN-1201が紹介されています。

「開発中のがん免疫治療薬」の表中で、ブライトパスGRN-1201が「皮膚がん第一相米国、非小細胞肺がん第二相米国」と紹介されています。

「開発中のがん免疫治療薬」の表が中ほどにあります。

https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20200317/se1/00m/020/048000c

記事:週刊エコノミスト最新号「がんが治る、見つかる」で、ブライトパスが紹介されています。(その①)

記事→週刊エコノミストの3月17日号は「がんが治る、見つかる」です。

https://www.weekly-economist.com/?mobile=1

記事の中の「がん関連40銘柄」表に、ブライトパスが「骨肉腫を対象としたCar-T細胞療法の医師主導治験を20年度内に開始する想定で準備」と紹介されています。

「がん関連40銘柄」→https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20200317/se1/00m/020/020000c

詳しい内容については改めてご報告します。

まずは、ご案内まで。

記事:第17回日本免疫治療学会学術集会での「個別化ネオアンチゲン療法」について発表概要がアップされています。

記事→第17回日本免疫治療学会学術集会で発表された「個別化ネオアンチゲン療法」の発表概要(中島、鈴木両先生それぞれ)が追加してアップされました。

http://irpocket.com/4594/document.html?year=2020&id=20200207-97995840

内容についての評価は、ブライトパスにも確認して追ってご報告します。

記事:第17回日本免疫治療学会学術集会での「iPS-NKT細胞療法」についての発表の概要がアップされています。

記事→第17回日本免疫治療学会学術集会での、iPS-NKT細胞療法について発表の概要が追加してアップされました。

http://irpocket.com/4594/document.html?year=2020&id=20200207-a599070d

これまでの既報情報を中心にコンパクトにまとめられています。

治験開始は「今年中」とかかれていますが、これは他情報の「夏前までには」とは異なっています。

 

記事:参考情報、日経新聞 本日朝刊「バイオ薬一点突破狙う」

記事→本日の日経新聞 朝刊に掲載された記事です。

ブライトパスは紹介されていませんが、創薬バイオベンチャーにスポットライトを当てた記事です。

アンジェス、ペプチドリーム、J・TEC

ヘリオス、サンバイオなどが紹介されています。

ペプチドリームのリードパトリック社長の「開発のスピードを上げるため、外部とも連携していく」とのコメントが光ります。

コロナショックが、どこまで続くかは未知数ですが、台風一過のあと(最中?)にブライトパスからビッグIRがリリースされることを切望します。

日経記事「バイオ薬一点突破狙う」→

https://www.nikkei.com/nkd/industry/article/?DisplayType=1&n_m_code=071&ng=DGKKZO56562550Z00C20A3TJP000


f:id:SHAWSHANKlife:20200310145118j:image

記事:各パイプラインの現状について(その③)

記事→パイプラインのうち、時間軸でいえば、抗体医薬のリストアップが直近のイベントと思われます。

そこで、抗体医薬(⑥)について先にご説明します。

ブライトパスの直近の説明会(✳️)は昨年11月18日でした。この説明会での永井社長の抗体医薬についてのコメントは以下の通りでした。→

「抗体医薬シーズについてですが、今期上半期から下半期には 順次開示していきますとお話ししておったのですが、戦略的な意味合いでもうしばらくはステルスモードを続けさせていただきたいと思っておりまして、今年度中には順次リストアップの予定です」

とコメントしています。

予定の期日を延期するコメントでした。

私は抗体医薬についてのニュースリリースのタイミングが気になり、先日(3月2日)、ブライトパスに電話照会しましたが、その際も「抗体医薬についての年度内のリリースは、今のところ変更はない」との回答でした。

これまでも、 ブライトパスの期日についてのコメントは、たびたび延期されてきました。iPS-NKT臨床試験入りも、今年度中としながらも、おそらくは6月以降にずれ込むものと思われます(私見)。

ですから、抗体医薬についても、「今年度内」という永井社長のコメントは絶対ではないと私は思っています。私が望むのは、多少時期はずれ込むとしても、ステルスモードしたのであればある程度インパクトのあるIRを期待しています。特許の取得、メガファーマーへのライセンスアウト、多額のロイヤリティなど、ホルダーの期待値を上回るIR.を期待します。

そろそろ、ブライトパスもエンジン全開のフルモードで走り出して欲しいと思います!

✳️→https://www.cmstream.com/pir/?conts=brightpathbio_201911_rDcp

 

 

 

記事:各パイプラインの現状は?(その②)

記事→二つ目のパイプラインは、②完全個別化ネオアンチゲンワクチンです。

1、ネオアンチゲンとは、新生抗原、新規抗原、腫瘍特異的変異抗原などとも呼ばれ、がん細胞独自の遺伝子変異に伴って新たに生まれた変異抗原のことです。

簡単に言うと、「がん細胞表面に現れる特有のタンパク質」です。

このネオアンチゲンは正常な細胞には発現せず、がん細胞だけにみられます。また、ネオアンチゲンはひとりひとりのがんで違っています。

2、ネオアンチゲンワクチン療法では、このネオアンチゲンを樹状細胞にがんの目印として覚えこませ、がんに対する免疫応答を引き出します。ネオアンチゲンはひとりひとり異なるので、ひとりひとり異なるワクチンを作製する必要がかあります。これが「完全個別化」と呼ばれる理由です。

3、言い換えますと、この「完全個別化療法」では、個々のネオアンチゲンの型を把握して(鍵穴を見付けて)、これにピタリとはまるワクチンを作製する(鍵を作る)必要があります。

4、この「完全個別化療法」は理論的には究極のがん治療法ですが、技術的にもコスト的にも至難の技と考えられていました。ところが近年、進化した次世代シークエンサーや同定技術の進歩により、正確に安価で鍵穴を見付けて鍵を作ることが可能になってきたのです。


f:id:SHAWSHANKlife:20200308014301j:image

5、ですから、この「完全個別化ネオアンチゲン療法」は他のパイプラインとは異なり、薬剤というより「鍵穴探しと鍵作り」の技術手法と言ったほうが良いかもしれません。

6、ブライトパスは、2017年10月の国立がん研究センターとの共同研究を皮切りに、下の図表の通り東大や三重大と連携を進めて、オープンイノベーションで完全個別化ネオアンチゲン療法に取り組んでいます。f:id:SHAWSHANKlife:20200308011914j:image

7、ブライトパスは、臨床試験入りは2020年度以降としていますが、今後は節目節目で何らかのニュースやIRが発信されることを期待します。

まずは、先般ニュースリリースされた第17回日本免疫治療学術学会(✳️)での中面先生の発表内容について、ブライトパスからの続報に注目しています。

ブライトパスには、完全個別化ネオアンチゲン療法における我が国のオープンイノベーションのコーディネーターとしての役割を期待します。

✳️http://irpocket.com/4594/document.html?year=2020&id=20200207-97995840

スポンサーリンク