ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

情報提供

記事:速報、本日の日経新聞夕刊にブライトパスが紹介されました。

記事→本日の日経新聞夕刊7面に、ブライトパスの記事が掲載されました。 本日の日経新聞夕刊の記事→ 日経新聞夕刊の7面株式欄の「話題の株」のコーナー、7面のほぼ真ん中に大きく紙面を取っています。 見出しは「がん新治療法へ期待先行」とあり、小見出し…

記事:ご参考、本日から「日本がん免疫学会総会」が開催されます。

記事→維新のヒーロー坂本龍馬を生んだ高知で、本日より三日間「第23回日本がん免疫学会総会」が開催されます。 プログラムを拝見するとそうそうたるメンバーのお名前が並んでいます。 ブライトパスに関係する先生だけでも、 中沢洋三 中面哲也 山田亮 宮野悟…

記事:ご参考、信州大学医学部のHPより。

記事→信州大学医学部のHPにも、ブライトパスとの共同研究契約についての記事が掲載されています。 → 中沢教授の研究グループが開発した骨肉腫に対するCAR-T療法の ... www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i.../car-t-3.html - キャッシュ

記事:ご参考、ブライトパスBP2301関連記事、協業先信州大の地元紙、信州毎日新聞webの記事。

記事→ブライトパスの協業相手である信州大学の地元紙、信州毎日新聞のWeb記事です。 信州毎日新聞WEB、8月20日8時51分→がんの新免疫療法を骨肉腫治療に 信大、20年度内の治験開始目指す 1、「 電気刺激と酵素を利用した方法でCAR―T細胞を作り、さらに…

記事:ご参考、パイプライン一覧表が更新されました。

記事→昨日の新パイプラインBP2301のニュースに連動して、パイプライン一覧表が更新されました。 次のバスは、一覧表最下段の抗体医薬のIRでしょうか? 更新されたPL一覧表→https://www.brightpathbio.com/pipeline/index.html

記事:ブライトパスが新たなパイプライン「BP2301」のニュースをリリース。

本日リリースされたニュース→https://pdf.irpocket.com/C4594/hUeO/Q2wN/SU0H.pdf 記事→前回に続いて、また月曜日にIR(ニュース)が出ました。 CAR-Tは血液がんには有効な薬品(「キムリア」と「イエスカルタ」)が上市されていますが、固形がんを対象とする薬…

記事:本日、ブライトパス広報ブログが更新されました。

記事➡本日、広報ブログが更新され、「第16回定時株主総会を開催しました」がアップされています。 ブログのコメントの通り、今回は株主総会・会社説明会を通して、株主からの質問を丁寧に聞いて答えていたと思います。そのための時間もたっぷりと取っていた…

記事:ご参考、「第3回 バイオ医薬EXPO」 が開催されます。

記事→来月の7月3日[水]~5日[金] で、東京ビッグサイト 青海展示棟にて、第3回 バイオ医薬EXPO が開催されます(主 催:リード エグジビション ジャパン )。 下に添付したファイルをご覧いただくと判りますが、アカデミアや製薬企業から多くの講師陣が参加…

記事:ブライトパスHP、「第 5 回 医学系及びゲノム研究倫理審査委員会 議事録」が掲載されました。

記事➡ ブライトパスのHPの「医学系及びゲノム研究倫理審査委員会」が更新されて、「第 5 回 医学系及びゲノム研究倫理審査委員会 議事録」が記載されました(2019 年 5 月 31 日開催)。ヒト組織及び細胞を用いたヒトゲノム・遺伝子解析研究を実施するために…

記事:「政府の健康・医療戦略推進本部 再生医療・遺伝子治療の産業化に30.3 億円配分」ミクスonline(6月21日付 )

記事➡ 6月20日、政府の健康・医療戦略推進本部は医療分野の研究開発関連の調整費総額80.2億円の配分方針を決定し、そのうちの30.3億円を「再生医療・遺伝子治療の産業化にむけた基盤技術開発事業」に配分すると決めました。このほか「医療分野研究開発推進計…

記事:ブライトパス川崎創薬研究所 はLICビルの4階にありました。

記事➡昨日、仕事で品川まで行く用事があり、時間があったので少し足を延ばしてブライトパス川崎創薬研究所の所在を確かめてきました。 京急品川駅から京急川崎駅で乗り換えて京急大師線の終点小島新田駅で下車しました。品川からは計20分ほどです。 小島新…

記事:Biotechmaniaさんからの情報。

記事→BiotechmaniaさんのTwitterやyahoo板で、既にご覧になった方も多いとは思いますが、貴重な情報ですので、ここにそのまま掲載さてていただきます。掲載については、Biotechmaniaさんからご了解をいただいております。ありがとうございます。 ⇒「ブライト…

記事:ご参考、FDAが進行腎細胞がんにペムブロリズマブ+アキシチニブを承認。

記事➡FDAが進行腎細胞がんにペムブロリズマブ+アキシチニブを承認しました。 2019年4月19日、FDAは、進行腎細胞がん患者のファーストラインにペムブロリズマブ(商品名:キイトルーダ、メルク社)とアキシチニブの併用療法を承認した。 ブライトパスのGRN-12…

記事:ブライトパス、「よくあるご質問」を更新。

記事➡予定通り、本日第三木曜に更新されました。 ➡https://www.brightpathbio.com/ir/faq.html 内容は、先日リリースされた「ITK-1中止の正式なリリースがなぜ遅れたか?」「GRN-1301中止の背景」についての説明で、既に既知(または予想通り)のお話しでした…

記事:ASCO2019でポスター発表する野口先生、その概要がアップされました。

記事→ASCO2019に久留米大野口先生がポスター発表されますが、その概要がASCOのHPにアップされました。 以下、和訳しました。 「 要約:ドセタキセル化学療法後に進行する去勢抵抗性前立腺癌に対する個別化ペプチドワクチン接種:無作為化二重盲検プラセボ対…

記事:ご参考、ASCO2019についての情報。

記事➡今年のASCOは、ブライトパスには直接関係しませんが、ASCOの全体像を分かりやすく日本語で解説していますので、ご興味のある方はご一読願います。 追伸ー明日は第三木曜日、「よくあるご質問」の回答が出てきますね。「ASCO2019年次総会で発表されるトッ…

記事:野口正典(久留米大がんワクチンセンター副センター長)の動向。

記事→久留米大がんワクチンセンター副センタ―長の野口正典先生が、5月~7月にかけて精力的に動き出されています(ちなみに、野口先生は,株式会社グリーンペプタイド時代の諮問委員会顧問)。 ①第40回癌免疫外科研究会(5月16日~17日、金沢グランドH.)…

記事:第4回 倫理審査委員(2019.3.29)の議事録がアップされています。

記事➡ 第4回 倫理審査委員(2019.3.29)の議事録が、いつの間にかブライトパスHPにアップされています。私の記憶では、第三回まで掲載されていましたので、この第四回がアップされたのは最近ではないでしょうか(間違っていたらごめんなさい)。 「医学系及び…

記事:免疫療法に関する情報ご提供。

記事→免疫療法に関するニュースを二つのご紹介。 ①「FDAが非小細胞肺がん(TPS ≥1%)一次治療にペムブロリズマブ(キートルーダ)の適応を拡大」 2019年4月22日 発信元:FDA(米国食品医薬品局)→ https://www.cancerit.jp/62505.html ②「免疫療法薬による維…

記事:ブライトパス、今年も「Bio International Convention」に参加。

記事→ブライトパスは、今年も米国で開催されるBio International Conventionに参加・出展します。 世界最大級のバイオ企業におけるマッチングイベントで、開始以降26年間で35万回以上のパートナリングミーティングが行われたということです。 ブライトパス…

記事:連休中のレビュー(その②)

記事→続き 5、GRN-1301については、 4月26日のこのブログで、第Ⅰ相の開始が遅れている理由:「タイロシンキナーゼ阻害剤タグリッソの影響を見極めたい」とのブライトパスからの回答を報告しましたが、この回答は必ずしもnegativeということもないので、こち…

記事:連休中のレビュー(その①)

記事→大型連休に入りましたが、結局4月もブライトパスからは特段のIRは出ませんでした。 このブログは「事実を過不足なくお伝えする」をモットーにしていますが、多少独断を交えながら、連休明けからのブライトパスをpositiveに占ってみたいと思います。1、…

記事:本日、広報ブログが更新されました。

記事→本日、広報ブログが更新されました。 今年から、各役職員個人のアクテビティをプロジェクトの目標達成につなげるために、会議の改革を行っているとのこと。 その一環として、全社で各プロジェクトの活動報告会を年4回(麹町で全社集会2回、川崎でR&D Da…

記事:情報提供、「第1回 再生医療 産業化展 [東京]」について。

記事→情報提供です。 7月3日~5日、東京ビッグサイトで「第1回 再生医療 産業化展 [東京] 」が開催されます。 本展は、再生医療に関する、培地、培養装置、セルソーター、保存・輸送サービス、細胞治療技術などの製品・サービスが一堂に出展。大学や製薬…

記事:小林久隆先生のコメント。

記事→「ウェッジ」5月号を買いました。 ] 特集は創刊30周年インタビュー「平成から令和へ 新時代に挑む30人」でした。 各界の期待される注目されている人物へのインタビュー記事です。 ホンダエアクラフト藤野社長、 大阿闍梨 慈眼寺 塩沼亮潤師、 ラグビー…

記事:「よくある質問」第三木曜の更新。

記事→昨日、ブライトパスの「よくある質問」が、予定通りに第三木曜日に更新されました。 「よくある質問」→https://www.brightpathbio.com/ir/faq_2.html 更新された内容は①4月12日コーポレート・ガバナンスについてのIRの背景②川崎研究所の津波・地震対策 …

記事:ASCO 2019 について。

今年もASCOがやってきます。今年は5月31日から6月4日の日程。 昨年もご紹介いたしましたが、 アスコ(ASCO)とは、American Society ofClinicalOncology(米国臨床腫瘍学会)の略称で、世界最大のがん学会です。1964年から毎年6月上旬に開催され、ここ10年…

記事:4月12日のIR(コーポレート・ガバナンス)についてブライトパスに訊いてみました。

記事→先週の金曜日、ブライトパスからIRが出ました。ただ、内容は「コーポレート・ガバナンス」に関するもので、やや肩透かしではありました。 ⇒コーポレート・ガバナンスに関する報告書 2019/04/12(165KB) この時期に、このIRが出た背景について、ブライト…

記事:「先駆け審査指定制度」について思うこと。

記事→4月8日、厚労省から第四回目の「先駆け審査指定制度」の対象品目が発表されました。 それに伴い、オンコリスバイオやサンバイオなどの株価が大きく反応しました。特にオンコリスは8日中に「中外製薬との資本業務提携契約締結、ライセンス契約総額500…

記事:ブライトパス「お問い合わせページ」を更新。

記事→ブライトパスの「お問い合わせページ」が更新されています。 昨年末から「当社株主、投資家の皆様からのお問い合わせはメールに限定させていただいております」との文言が明記されていましたが、その文言が消えています。 以前の形式に戻したようで、私…

スポンサーリンク