ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオ(4594)についての情報を発信するブログです。細かな情報をより深く過不足なく丁寧に発信していきますので、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

情報提供

記事:ブライトパス、「Business Report」(株主通信・6月26日)がリリースされました。

記事:ブライトパス、「Business Report」(株主通信・6月26日)がリリースされました。 記事本文→株主総会開催にあわせて「Business Report」がリリースされました。 永井社長と中村CSOのにこやかな写真とともに、永井社長の総括コメント、そして中村CSOのsci…

記事:「Brightpath通信」が更新されています。

記事:「Brightpath通信」が更新されています。 記事本文→株主総会で、気が付きませんでしたが、6月25日付でBrightpath通信が更新されています。 前回(6月19日)の続編です。がん免疫療法における細胞医薬のテーマは ①固形がんへの展開 ②他家(off-the-shelf)…

記事:会社四季報ワイド版発刊、ブライトパスのページ。

記事:会社四季報ワイド版発刊、ブライトパスのページ。 記事本文→会社四季報ワイド版が発刊されましたが、775ページのブライトパスのページを見ると・・・【開発費】抗体販売等あるが、新規の契約一時金など見込まず。米国非小細胞肺がんの治験Ⅱ相に加え免…

記事:参考情報、信州大中沢先生に関する情報。

記事:参考情報、信州大中沢先生に関する情報。 記事→ブライトパスのパイプラインであるBP2301(Her2 Car-T)の共同研究のパートナー、信州大の中沢先生に関する情報(化学工業日報記事)です。BP2301と同じく、遺伝子導入にウイルスを用いないCAR-T療法で…

記事:HPリニューアル(その③)/パイプライン一覧の改訂。

記事→開発パイプライン一覧も改訂されました。 各PLの説明文が追加・再整理されました。 BP1101(含むBP1209)、BP1401、BP1200、BP1210に関しても、項目が新設され説明文が付記されました。PL一覧を俯瞰しておくと、 ・GRN-1201(キイトルーダ併用)は第二相。 …

記事:今夜、「大量行使のお知らせ」がリリースされています。

記事→今夜、「大量行使のお知らせ」がリリースされました。 「大量行使のお知らせ」は、東京証券取引所「有価証券上場規程」に基づき、月初からの行使累計又は同月中における開示後の行使累計が10%以上となった場合に実施しなければならないルールとなってい…

記事:本日付Answers Newsの記事がブライトパスを紹介。

記事→本日付Answers Newsの記事。 がん免疫療法のひとつである「がんワクチン療法」の国内外の開発状況がよくまとめられたレポートです。文中にブライトパスも紹介されており、 「非臨床段階も含め、バイオベンチャーによる開発も活発です。ブライトパス・バ…

記事:今夜「第三者割当ての大量行使のお知らせ」がリリースされました。

記事→今夜、「第三者割当ての大量行使のお知らせ」がリリースされました。 6月1日~6月9日までで、合計1531000株が行使されたとのことです。本日だけで850000株行使しています(これは本日売買高の約2割に相当)。 この期間の行使割合(消化率)は15.15%で、5…

記事:第三者割当ての行使状況。

記事→本日、第三者割当ての5月分のお知らせが、リリースされました。 5月分の合計行使株数は46万株で消化率は4.6%でした。 行使はまだ序の口ですが、5月の株価は上昇(+約20円)でしたので、行使による株価への影響はほとんどなかったと言えます。 引き続…

記事:「有意差あり」の壁。

記事→先日、新型コロナの薬として期待されていたレムデシビルの治験結果が、「有意差なし」であったとのニュースがリリースされました。→https://www.carenet.com/news/journal/carenet/50025 今回は、この「有意差」についてお話します。 まず、「優位差」…

記事:第三者割当ての5月分月間行使状況報告が間もなくリリースされます。

記事→5月途中で「大量行使の報告」は出ませんでしたので、5月1ヶ月分をまとめた「月間行使状況のお知らせ」が間もなくリリースされると思われます(一定株数を越える大量行使があれば、その都度報告義務が生じます。これに該当しない場合は、月間行使報告…

記事:ブライトパスからの回答が届きました。

記事→今朝ブライトパスに発信した質問に対し、早速先ほど回答メールが届きました。 個人投資家の皆様との情報共有のため、以下の通りご報告させていただきます。 1、ライセンスアウトの時期について→ (私からの質問) ライセンスアウトの時期を・GRN-1201は「…

記事:情報発信力の改善への期待。

記事→最近、何回か「よくある質問」にメールにて照会していますが、それに対する回答が迅速で、しかも回答内容が簡潔で的確です(インサイダーに抵触するような内容ではありませんが、笑)。 今年度から、管理部長さんが換わりましたが、その影響が大きいよう…

記事:アナリスト/機関投資家向け決算説明会の動画がアップされました。

記事→本日、アナリスト/機関投資家向け決算説明会の動画がアップされました。 →https://www.cmstream.com/pir/?conts=brightpathbio_202005_f94f 内容については改めてコメントします。 永井社長の約40分間の説明会です。 まずは、ご報告まで。

記事:ブライトパス、医学系及びゲノム研究倫理審査委員会、議事録を更新。

記事→ブライトパスが設置している医学系及びゲノム研究倫理審査委員会が、新たに議事録を更新しています。 開催日は5月1日、議事録の課題名は「外部機関のバイオバンク検体を用いた既存シーズの発展と新規シーズの探索に基づいたがん免疫療法の開発」(新規)…

記事:本日PR情報がリリースされました。

記事→本日、ブライトパスのHPのPR情報として「第19回日本再生医療学会総会で CAR-T療法について発表されます。」とリリースされています。 詳細内容までは書かれていませんので、講演内容は、昨日(5月18日)のこのブログを参照願います。 本日リリースのブラ…

記事:参考情報、「小野薬品のオプジーボ、肺がん第1選択薬に」日経5月19日朝刊

記事→本日の日経朝刊で、 小野薬品工業のがん免疫薬「オプジーボ」と「ヤーボイ」の併用療法が、肺がん治療で最初に投与できる「第1選択薬(ファーストライン)」として米食品医薬品局(FDA)から承認を得たと報じられています。 これまでは、肺がん治療の第…

記事:参考情報、日経新聞 本日朝刊「バイオ薬一点突破狙う」

記事→本日の日経新聞 朝刊に掲載された記事です。 ブライトパスは紹介されていませんが、創薬バイオベンチャーにスポットライトを当てた記事です。 アンジェス、ペプチドリーム、J・TEC 、ヘリオス、サンバイオなどが紹介されています。 ペプチドリームのリ…

記事:ブライトパスの「医学系及びゲノム研究倫理審査委員会」議事録が更新されています。

記事→ブライトパスの「医学系及びゲノム研究倫理審査委員会」の議事録が更新され、第7回議事録が二本掲載されています。 具体的な内容までは非公開とされていますが、いずれの議事録も、試験計画書の一部変更と思われます。 →https://www.brightpathbio.com…

記事:参考情報、 新型コロナと「アビガン」。

記事→ブライトパスには関係ありませんが、関心の高いニュースですので、記事として取り上げました。 海外メディアが、「中国の病院が、80人規模の患者を対象にした臨床試験に基づいて、アビガンの成分であるファビピラビルが抗HIV薬よりも優れた抗ウイルス活…

記事:創薬バイオベンチャーのビジネスモデル。

➡創薬バイオベンチャーのビジネスモデルをよく理解することは、一般投資家にとって不可欠の要素です。 よく、「まだ第Ⅰ相だから、先は長いですね~」「成功するのって何万分の一でしょ」という投資家の声を聞きます。確かに手掛けた新薬がめでたく上市され、…

記事:ご参考、キイトルーダと化学療法併用 第三相試験レポート(日経.com2月21日)

記事→ブライトパスは、米国でGRN-1201とキイトルーダとの併用治験第Ⅱ相を実施中です。ブライトパスから先日、カリフォルニアで行われる学会で発表されるとの情報もリリースされました。 この記事は、キイトルーダと化学療法との併用治験の中間解析の結果レポ…

記事:永井社長の古巣「(株)ペルセウスプロテオミクス」が3月24日マザーズに上場。

記事→ブライトパス永井社長は、ブライトパス(旧グルーンペプタイド)の前は、2005年より抗体医薬品シーズ開発ベンチャーの(株)ペルセウスプロテオミクスの取締役CFOに就任していました。 その永井社長の古巣ペルセウスプロテオミクスが、3月24日(火)にマザー…

記事:「第三者割り当てによる新株予約権の発行」について。

記事→今回は「第三者割り当てによる新株予約権の発行」について、お話しさせていただきます。 ブライトパスも必ずどこかのタイミングで仕掛けてきますので、その時にまごつかないよう、日頃から「第三者割り当てー」についての理解を深めて、いざという時に…

記事:もうひとつのIR「特別損益の計上に関するお知らせ」とは?

記事→一昨日、もうひとつIR「特別損益の計上に関するお知らせ」がリリースされていました。 大勢に影響はありませんが、「なんのこと?」と疑問を持たれた方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明いたします。 ストックオプションについての説明は割愛…

記事:昨年11月18日決算説明会の永井社長のコメントを検証してみました。

記事→昨年11月18日に開催された決算説明会の画像を見直してみました。 そして、その決算説明会での永井社長のコメントを検証してみました。 私が注目したのは、上の41ページ「次のステップ」と42ページ「パイプライン想定追加領域」の二枚です。この…

記事:ブライトパスから「PR情報」が二本出ています。

記事→2月7日付で、ブライトパスから「PR情報」が二本出ています。 2月22日開催の「第17回日本免疫治療学会学術集会」で、ブライトパスと関係の深い古関明彦先生(理研)と中面哲也先生(国立がん研)が発表されるとの情報です。 それぞれの先生は、ブライトパ…

記事:「第19回日本再生医療学会 総会」が開催されます。

記事→3月12日から三日間、パシフィコ横浜で「第19回日本再生医療学会総会」が開催されます。 今回のプログラムを見ると、慶大岡野先生、阪大澤先生、理研の高橋先生など、再生医療の第一人者がご講演されます。 ブライトパスと直接関係のある先生の名前はな…

記事:久々にブライトパスに電話してみました。

記事→昨日夕方、久々にブライトパスに電話してみました。 もちろん、特定の投資家に未オープンの情報を話すことはありません。 電話する理由は、三つです。ひとつは既知の情報に関する質問、2つ目は要望、もうひとつは雑談です。 他のベンチャーのIR担当に…

記事:がん免疫分野、加速する買収の連鎖。

記事→次世代がん免疫療法の陣取り買収合戦が、連鎖反応のように起こっています。 12月26日、国内大手のアステラスが米国がん免疫バイオベンチャーのXyphos社を買収しました。 注目したのは、主体が国内大手であること、買収先が未だ結果も出していない設立3…

スポンサーリンク