ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

記事:参考情報、ブライトパス共同研究者 京都府立医大柳生先生の情報。

記事→BP2301(HER2-CAR-T 細胞)の共同研究者である信州大中沢先生とともに、同研究を進めている京都府立医大の柳生先生の情報です。 biothecmaniaさんからの情報を記載させていただきました。→https://twitter.com/BiotechMania/status/1268207714104160256?s…

記事:iPS-NKTは?厚労省HPが更新され、次回審議会開催は6月11日に決定。

記事→厚労省HPが、本日更新され、第50回 厚生科学審議会(再生医療等評価部会)は、6月11日(13時~)開催に決まりました。 HPで議題等を確認すると、2)として「第一種再生医療提供計画の再生医療等提供基準への適合性確認(非公開)」と書かれています。もしiPS-…

記事:第三者割当ての行使状況。

記事→本日、第三者割当ての5月分のお知らせが、リリースされました。 5月分の合計行使株数は46万株で消化率は4.6%でした。 行使はまだ序の口ですが、5月の株価は上昇(+約20円)でしたので、行使による株価への影響はほとんどなかったと言えます。 引き続…

記事:「有意差あり」の壁。

記事→先日、新型コロナの薬として期待されていたレムデシビルの治験結果が、「有意差なし」であったとのニュースがリリースされました。→https://www.carenet.com/news/journal/carenet/50025 今回は、この「有意差」についてお話します。 まず、「優位差」…

記事:第50回厚生科学審議会 (再生医療等評価部会)に注目。

記事→iPS-NKTの第Ⅰ相治験の開始が秒読みになっています。 臨床試験への最後の関門が、厚生科学審議会 (再生医療等評価部会)です。この審議会は、原則毎月1回開催され、大学や製薬企業などから提出された再生医療等の臨床試験の計画書を評価し了承の可否を決…

記事:第三者割当ての5月分月間行使状況報告が間もなくリリースされます。

記事→5月途中で「大量行使の報告」は出ませんでしたので、5月1ヶ月分をまとめた「月間行使状況のお知らせ」が間もなくリリースされると思われます(一定株数を越える大量行使があれば、その都度報告義務が生じます。これに該当しない場合は、月間行使報告…

記事:今年の株主総会は6月26日(金)。

記事→株主総会は、決算日以降3ヶ月以内に開催するルールで、例年3月末決算の企業は6月末までに開催されます。 ブライトパスも、例年6月25日前後に開催されていました。 今年は、新型コロナの影響で3ヶ月ルールは緩和されましたが、例年通りのスケジュー…

記事:ご参考、BP2301についての昨年8月19日の当ブログ。

記事→今回の動画のBP2301関連のデータを見て、改めて興味深い パイプラインであると再認識しました。以下は、昨年8月 20日のブログの抜粋です。 ご参考まで。 CAR-T関連(固形がん対象)の治験件数の一覧表を載せています。 また、その下にBP2301の共同研究の…

記事:ブライトパスからの回答が届きました。

記事→今朝ブライトパスに発信した質問に対し、早速先ほど回答メールが届きました。 個人投資家の皆様との情報共有のため、以下の通りご報告させていただきます。 1、ライセンスアウトの時期について→ (私からの質問) ライセンスアウトの時期を・GRN-1201は「…

記事:情報発信力の改善への期待。

記事→最近、何回か「よくある質問」にメールにて照会していますが、それに対する回答が迅速で、しかも回答内容が簡潔で的確です(インサイダーに抵触するような内容ではありませんが、笑)。 今年度から、管理部長さんが換わりましたが、その影響が大きいよう…

記事:決算報告説明会の動画を視聴して(その①)。

記事→昨日アップされたアナリスト/機関投資家向け決算説明会の動画を視聴しました。 BP2301については、今回の新たなデータを見て、有望なパイプラインだと思いました。HER2CAR-Tまでの成功履歴の上にブライトパスの共同特許出願中の細胞培養法を乗せたわけ…

記事:アナリスト/機関投資家向け決算説明会の動画がアップされました。

記事→本日、アナリスト/機関投資家向け決算説明会の動画がアップされました。 →https://www.cmstream.com/pir/?conts=brightpathbio_202005_f94f 内容については改めてコメントします。 永井社長の約40分間の説明会です。 まずは、ご報告まで。

記事:ブライトパス、医学系及びゲノム研究倫理審査委員会、議事録を更新。

記事→ブライトパスが設置している医学系及びゲノム研究倫理審査委員会が、新たに議事録を更新しています。 開催日は5月1日、議事録の課題名は「外部機関のバイオバンク検体を用いた既存シーズの発展と新規シーズの探索に基づいたがん免疫療法の開発」(新規)…

記事:決算説明会資料、GRN-1201第Ⅱ相治験ステージ1の中間報告データについて。

記事→昨日アップされた決算説明会資料について、注目したのはGRN-1201(キイトルーダ併用)第Ⅱ相治験ステージ1の中間報告データです。 もともと第Ⅱ相治験の予定症例数は64です。現在何人まで治験が登録(開始)されているのかは明らかにされていないと思いますが…

記事:厚生科学審議会 (再生医療等評価部会)の議事次第。

記事→厚生科学審議会 (再生医療等評価部会)は、原則毎月1回開催され、大学や製薬企業などから提出された再生医療等の臨床試験の計画書を評価し了承の可否を決定しています。 5月は本日20日に開催される予定ですが、その議事次第を閲覧すると、iPS-NKTにつ…

記事:決算説明会資料(全44P.)がアップされました。

記事→本日、5月18日(10:30~11:30)に開催された機関投資家向け決算説明会(対面)で使用されたスライド資料(全44P.)がアップされました。 GRN-1201第Ⅱ相治験(キイトルーダ併用)の中間報告のデータなど、新たな情報も含まれています。 詳細については、改めてご…

記事:本日PR情報がリリースされました。

記事→本日、ブライトパスのHPのPR情報として「第19回日本再生医療学会総会で CAR-T療法について発表されます。」とリリースされています。 詳細内容までは書かれていませんので、講演内容は、昨日(5月18日)のこのブログを参照願います。 本日リリースのブラ…

記事:参考情報、「小野薬品のオプジーボ、肺がん第1選択薬に」日経5月19日朝刊

記事→本日の日経朝刊で、 小野薬品工業のがん免疫薬「オプジーボ」と「ヤーボイ」の併用療法が、肺がん治療で最初に投与できる「第1選択薬(ファーストライン)」として米食品医薬品局(FDA)から承認を得たと報じられています。 これまでは、肺がん治療の第…

記事:BP2301のポジティブ情報「第19回日本再生医療学会総会 」での発表内容。

記事→今年の第19回日本再生医療学会総会は、3月12日から三日間、パシフィコ横浜で開催される予定でしたが、新型コロナの影響で、オンライン開催に切り替えられました。 その講演内容が、本日よりonlineでアップされています。 この中で、信州大学の中沢先生…

記事:「2020年3月決算短信」が本日リリースされました。

記事→「2020年3月決算短信」が本日リリースされました。 一読してポイントを以下の通りまとめてみました。 1、2020年3月期の業績(2019年4月1日~2020年3月31日)→ 当期純利益、すなわちこの大部分は研究開発費で△1,823百万円でした。昨年度は△1,665百万…

記事:ブライトパスの広報ブログについて。

記事→ブライトパスの広報ブログや「よくある質問の答え」が、半年以上もストップしています。このことについて、メールで質問しましたら、以下の答えがブライトパスから返ってきました。 (質問メール)→「広報フログと「よくある質問の答え」を、早急に再開し…

記事:ブライトパスからの回答。

記事→先日ブライトパスに送っていた質問メールに対する返信メールが、本日届きました。 送っていた質問メールの内容は以下の通りです。 (質問)→「まもなくiPS-NKTの第Ⅰ相が始まりますが、その際は、大きな区切り目ですので、千葉大や理研の同席のもと永井社…

記事:ブライトパスへの要望メール。

記事→本日、以下のメールをブライトパス(管理部長宛)に送りました。 →「まもなくiPS-NKTの第Ⅰ相が始まりますが、その際は、大きな区切り目ですので、千葉大や理研の同席のもと永井社長にも出席いただき、オフィシャルなマスコミへの発表の場を作っていただき…

記事:iPS-NKT、月刊テーミス5月号の記事にブライトパスの社名も。

記事→先日ご報告しました月刊テーミス5月号の件ですが、都内八重洲ブックセンターにありましたので、購入しました。 まず、この情報誌の一般的な評価ですが、創刊28年目の月刊誌で、編集主幹は、講談社で『月刊現代』編集長、『週刊現代』編集長、『フラ…

記事:5月15日に「2020年3月期決算」がリリースされます。

記事→予定では、5月15日に「2020年3月期決算」がリリースされます。 ・昨年度の研究開発費がいくらだったのか?(資金はあとどれくらい残っているのか?) ・今後の研究・パイプラインの方向性は? などに注目したいと思います。 また、同時に新たな内容のIR(…

記事:参考情報、月刊テーミス5月号にiPS-NKTの記事掲載。

記事→月刊テーミス5月号の「生活&文化」欄に「頭頸部がんを「iPS-NKT細胞」で撃つ」との記事が掲載されています。 「月刊テーミス」は→講談社で『月刊現代』編集長、『週刊現代』編集長、『フライデー』創刊編集長などを歴任した伊藤氏が創業した株式会社…

記事:本日のIR、「第三者割当ての月間行使状況に関するお知らせ 」

記事→4月7日にリリースされた第14回第三者割当ての行使状況がIRとして本日リリースされました。 行使状況は毎月まとめて(月間行使状況)、または大量行使した場合(大量行使状況)はその都度IRとしてリリースされます。 本日のIRは4月分をまとめての報告です。 …

記事:第三者割当ての実行について。

記事→今後、第三者割当てが実行されますが、2年前2018年の第12回・13回第三者割当てが、どのように実行されたかを以下の通り復習してみました。 2017年11月22日に「第12回13回の第三者割当て」をやりますよというIRが出て、12月8日に証券会社への払込完了の…

コーヒーブレイク☕️「山中伸弥先生のコロナ専用サイト」のご紹介。

山中伸弥先生が、新型コロナウイルスについて最新の研究成果を都度まとめて、ホームページで紹介しています。「自分にできることは、医学研究者として情報をできるだけ正確に発信すること」との山中先生の弁。 →https://www.covid19-yamanaka.com/sp/index.h…

記事:「行使価額修正条項付き第 14 回新株予約権(第三者割当て)の発行に係る 払込完了に関するお知らせ」について。

記事→4月23日「行使価額修正条項付き第 14 回新株予約権(第三者割当て)の発行に係る払込完了に関するお知らせ」がリリースされました。 これで、今後いつでも第三者割当の実行が可能となりました。 さて、今後、この第三者割当てが行使されますと、「大量…

スポンサーリンク