ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

記事:文科省創薬研究戦略作業部会、「革新バイオ」の次期事業の骨格を決定。

スポンサーリンク

今月26日に文科省(東館17階会議室)で、第13回ライフサイエンス委員会創薬研究戦略作業部会が開催され、「時期事業について」話し合われていたが、その結果が本日リリースされた。

日経バイオテクオンラインによると

→「文部科学省創薬研究戦略作業部会(主査=中釜斉・国立がん研究センター理事長)は2018年6月26日、2018年度で終了する「革新的バイオ医薬品創出基盤技術開発事業(革新バイオ)」の後継として「先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業(仮称)」を立ち上げるべきという報告をまとめた。2018年7月後半に開催予定のライフサイエンス委員会に報告する。文科省は報告を受け、2019年度予算概算要求に盛り込む。」

と速報している。

 

「革新バイオ」に続いて「先端バイオ」が立ち上がり、先端的バイオ創薬=遺伝子治療核酸・ゲノム医薬、高機能バイオ医薬品など多様な基盤技術の支援策が検討され、それに対する予算が付けられることになる。さらなる詳報を待ちたい。

 

ブライトパスのネオアンチゲンやiPS-T、iPS-NKTなどの追い風となる支援策を期待したい。いずれにしても、スピード感を持った対応が待たれます。

 

 

 

スポンサーリンク