ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

記事:復習、「AMED」と「iPS-NKT」の関係。

スポンサーリンク

記事→昨日は、「iPS細胞を用いた脊椎損傷患者への治療を厚労省専門部会が承認」したとのニュースが流れました。

 この「iPS細胞由来前駆神経細胞を用いた脊椎損傷・脳梗塞再生医療」(慶応大・岡野氏)はAMED再生医療実現拠点の「拠点A」に指定されています。

ちなみに、「iPS‐NKT」は、「B拠点」に指定されています。

 まず、AMEDとは

日本医療研究開発機構(Japan Agency forMedical Research and Development:AMED、“エーメド”)の略称で、我が国の医療分野の研究開発およびその環境整備の中核的な役割を担う機関として、平成27年4月に設立された新しい組織です。
基礎から実用化までの一貫した医療研究開発の推進、その成果の円滑な実用化を図るとともに、研究開発環境の整備を総合的かつ効果的に行うためのさまざまな取り組みを行う国立研究開発法人です(要員:371名、30年度予算:1,261億円)。

カバーする対象分野は多岐にわたりますが、とりわけ再生医療は重要分野に位置づけられています。

 さて、「拠点A」「拠点B」の違いは、

拠点A=既に基本的な技術開発が完了しており5年以内の臨床応用を目指す拠点。

拠点B=臨床応用までに技術的ブレークスルーが必要な拠点。

と定義されており、いずれも一定期間の達成目標を設定し、それを達成した場合にのみ事業を継続できるステージゲート方式にて実施されています(最長10年間)。

 この「A、B拠点」は、AMEDの戦略推進部が策定した「再生医療研究開発2017」で定められており、この「A拠点4つ」「B拠点5つ」の計9つのプロジェクトが、我が国(AMED)が予算を振り分けて重点的に推進していくプロジェクトであると言えますので、この中に、「iPS‐NKT」が選ばれているということは心強い裏付けと言えます。

ちなみに、「拠点A」は、

①iPS細胞由来神経前駆細胞を用いた脊椎損傷・脳梗塞再生医療(慶応大・岡野氏)

②視機能再生のための複合組織形成技術開発および臨床応用推進拠点(理研・高橋氏) 

③iPS細胞を用いた心筋再生治療創成拠点(阪大・澤氏)

パーキンソン病、脳血管障害に対するiPS細胞由来神経細胞移植による機能再生治療法の開発(京大・高橋氏)

の四つです。

そして「B拠点」は五つあり、そのうちの一つが「NKT細胞再生によるがん免疫治療技術開発拠点」(理研・古関明彦氏)です。

9つのプロジェクトは対象部位に重複はありませんので、お互い競合することはなく、むしろ先行する他の部位のiPS治験の経験やデータが後発組には参考となるはずです。

 「iPS-NKT」に合わせているカメラの焦点を「理研」そして「AMED」と広げて俯瞰していくと、全体の絵姿の中の「iPS-NKT」の位置付けが、よく理解できます。

 

 以下の資料はAMED が、以前発表した「iPS-NKT」に関するニュースリリースで、「iPS-NKT」のこれまでの取り組みの流れが良く理解できます。

「ヒトiPS-NKT細胞の抗腫瘍効果を生体内で示すことに成功ーiPSを用いたがん免疫療法の実現へ大きく前進ー」AMEDからのプレスリリース 2016.8.18

⇒https://www.amed.go.jp/news/release_20160818-01.ht...

スポンサーリンク