ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

記事:ブライトパス、いつ買うか?

スポンサーリンク

ブライトパスのホルダーは、明日のことを心配されていると思います。
私にも過去に何度か経験があります。
しかし、箸にも棒にもかからないような未来のない会社なら別ですが、そうでない有望な芽のある会社は復活してくることがほとんどでした。
だからこそ、株を買う際には、十分に自らの目と耳で企業調査をして取得しなければなりません。

損切りするなとは言いませんが、損切りしたとき、初めて「損が確定」します。
一点買いはリスクは大きいですが、バイオ銘柄で5社程度に分散しておけば、ある程度堅実な利益は稼ぐことが出来ます(マーケット全体の大暴落は影響を受けるが、バイオベンチャーは他業種よりは傷は浅い)。

おそらくは、明日もストップ安で457円まで下り、翌火曜もストップ安も覚悟しておくべきでしょう。そう覚悟しないと、また慌ててしまいます。
私見で恐縮ですが、火曜の夜間には寄り付くのではないかと予測しています。

現物のホルダーは、ここはグッと我慢して、まずは1ヶ月待つのが得策ではないかと。

また、未取得の個人投資家は、このチャンスに身の丈に応じて買ってみるのも面白いと思います。

永井社長は、6月20日の株主総会までには、何かプラス材料を発信してくるだろうと思います。
総花的な発信でなく、具体的なおっ!と驚く材料が欲しいところです。

スポンサーリンク