ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

記事:GRN-1201についての回答

スポンサーリンク

記事➡本日3つ目の記事です。

決算説明会資料のGRN-1201(キートルーダとの併用治験)について、ブライトパスに質問メールを出していました。
以下は、その質問とブライトパスからの回答。

■質問(1)

コホート1: 1stライン PD-L1陽性 (TPS* ≥ 50%) 

コホート2: 2ndライン PD-L1陽性 (TPS* ≥ 1%)

の2つのコホートでしたが、今回は①だけになっていますが。  

回答➡当初1st lineと2nd line双方でキートルーダを使用した患者様を対象とする予定でしたが、キートルーダが1st lineで承認され、2nd lineから患者をリクルートすることが考えにくくなったため、このような記載となっております。

■質問(2)

また、主要評価項目が「Objective Response Rate」と明記されましたが(前回は記入なし)。

回答→前回は記載しておりませんでしたが、変更したわけではございません


■質問(3)

症例数の変更も90→64に変更されていますが。

回答→①に記載いたしました理由から、2nd lineでの試験をしなくなった結果、その分対象数を調整いたしました。
回答は以上。

結果として、より有望視されている1st lineに絞り込むことができ、さらに症例数も減らしてコストの圧縮にもつながりましたので、ブライトパスにとっては良い展開になりました。

世界中にライバルの多い、キートルーダとの併用治験。ポイントは「スピード」と「切れ味」です。

スポンサーリンク