ブライトパス・ストーリー

バイオベンチャー、とりわけブライトパス・バイオについての情報を発信します。

スポンサーリンク

記事:マザーズの上場廃止基準の見直し案。

スポンサーリンク

記事→11月29日、マザーズ上場廃止基準の見直し案が、東証からリリースされました。パブリックコメント期間(来年1月10日まで)を経て、来年2月1日から施行されます。

以下は原文からの抜粋ですが、要約すると、

①株式時価総額40億円をキープしていれば、維持できる。

②40億円を下回っても、一定の基準を満たす「高い成長可能性に関する確認書」を提出すれば、上場維持が可能とる。

というものです。

上場維持基準の緩和は、ゾンビ企業の延命など新たな問題を引き起こす可能性もありますが、少なくともブライトパスのような発展途上バイオベンチャーにとっては朗報です。

ちなみに、ブライトパスの先週末の時価総額は、130億円です。

追伸・・・本日、個人投資家向け会社説明会に行ってきます。説明会の内容は本ブログてご報告いたします。

原文より引用→

(1)マザーズ上場
基準の見直し
・具体的には、最近1年間の売上高が1億円未満となった場合であっても、マザーズにおける市場選択の場合に準じ、直前事業年度に係る決算の内容を開示するまでの間に上場会社作成の「高い成長可能性に関する説明書面」及び当該会社以外の者であって、企業価値又は株価の評価に係る専門的知識及び経験を有するものが作成した「高い成長可能性に関する確認書」を提出すれば、上場を維持するものとします(ただし、直前事業年度の末日の属する月に係る時価総額が40億円以上である場合には、それらの書類の提出を省略できるものとします。)。

東証リリース→

https://www.jpx.co.jp/rules-participants/public-comment/detail/d1/nlsgeu000004dwq5-att/nlsgeu000004dws8.pdf

スポンサーリンク